滋賀 東近江:観音正寺須弥壇施工

西国三十二番所の観音正寺で新しく秘仏を作られるとのことで、その仏像を安置するための台である須弥壇の制作依頼を冨田仏師から受けた。大きさは長さ10メートル高さ1.6メートル9段。銀座の有名鮨店Kの店主I氏が寄付するとのことで最高級の材を用いで作らせていただいた。観音正寺は山頂にあり山道のため、完成された部材を運ぶのも傷がつかないように運転技術も要求された。高欄とわらび手と宝珠柱と擬宝はぜひとも見ていただきたいところである。

業務:須弥壇の施工

​場所:滋賀 東近江

施工:相良工務所

竣工:2015年8月

RECENT POSTS

ARCHIVE